車種から探していけます。
↓ ↓ ↓

タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】

(タイヤ代が3%OFFになる紹介コードはこちら

スタッドレスタイヤ ホイールセット 別料金としてかかる可能性がある項目

スタッドレスタイヤ&ホイールセットを購入するとき。

本体(タイヤとホイール)のほかに、別料金としてかかる可能性があるものとして、以下があります。

タイヤ組み込み代(スタッドレスタイヤをホイールに取り付ける料金)

「ホイールセットって、最初からタイヤがホイールに装着されているんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、そうとも限りません。

むしろ、割合からしたら、別々のほうが多いのではないかと思います。

「タイヤとホイールをセットで購入したら、単体同士で買うよりお安くしますよ」くらいの意味合いでセットという言葉が使われているかと。

ですから、タイヤ組み込み代が別料金で発生することもあります。

「タイヤ組み込み工賃」は「タイヤ取付工賃」といった表現をしているお店もあります。

車両へのタイヤ取付とまぎらわしいので、自分は好きではないですけれど。

バランス調整費

タイヤが振動少なく一定に回転してくれるよう、重りを取り付けたりしてバランスを取る工程です。

特殊な機械が必要です。

ホイールナット代

夏タイヤが装着されているホイールと、スタッドレスタイヤが装着されているホールで、ナットの形状が同じであれば使い回しができます。

ですが、別形状の場合には、スタッドレスタイヤ&ホイールにあったナットを購入する必要があります。

車両へのタイヤ脱着費(サマータイヤを取り外し、スタッドレスタイヤを取り付ける)

いわゆるタイヤ交換です。

車から、サマータイヤを取り外し、スタッドレスタイヤを取り付ける作業代です。

これは自分でできるという方も多いことでしょう。

廃タイヤの処分費

「古いタイヤは、もういらないから」と思っても、通常は無料でも引き取ってもらえず、料金がかかります。

ただし、ホイールに価値があったり、タイヤがまだ使える状態の場合、買取業者に出すと値段が付くこともあります。

窒素ガス充填費用

カーショップによっては、スタッドレスタイヤに(空気ではなく)窒素ガスを充填することを奨められることがあります。

窒素ガスはタイヤから漏れにくいそうで、燃費や走行安定性の向上などが期待できるようです。

無料でやってもらえうなら嬉しいですが、有料であることがほとんどではないかと。

ここは、本来はどうするかを購入者が選択できるものだと思います。

ですが、ネットでの口コミによると、「拒否ることができなかった」といった内容の書き込みもあります。

(そんな、あこぎな・・・)

タイトルとURLをコピーしました